Home

私たちはMMSデータ解析の専門会社です

MMS(モービルマッピングシステム)による移動体計測の成果を解析し「道路トンネルコンター解析」、「道路路面性状」、「鉄道トンネル建築限界」など、インフラ維持管理に有用なデータを作成します。

MIMM

走行型計測車両(MIMM<ミーム>)は、1 回の走行でトンネル壁面画像(MISシステム:Mobile Imaging Technology System)とレーザ(MMSシステム:Mobile Mapping System)による点群データ(座標値:3D 計測)の計測が同時に行えるものです。

計測検査株式会社様 所有

GIMS-K

GIMS-K(Ground Image Mapping System)はMMS:高精度GPS移動計測装置とGPR:地下レーダー探査システムを組み合わせた新しい路面下探査システムです。

株式会社環境総合テクノス様 所有

三菱電機株式会社様所有

大林道路㈱様所有

道路トンネルコンター解析3D表示

トンネル覆工面の変状(凹凸)を計測したレーザ点に色付けして3D表示したもの。

トンネル覆工面の変状(凹凸)を計測したレーザ点に色付けして3D表示したもの。色合いは展開図と同様。スパンやトンネル全体の変状を3Dでわかりやすくしたものです。

堤防・段彩図

MMSで取得したレーザ点群をもとに標高値により色分けして3D表示したもの。堤防斜面や道路の高低差を色分けによりわかりやすく表現したものです。

平均面コンター3D表示

解析により得られる凹凸状況をレーザ点の色合いで表わし、3D表示したもの。

解析により得られる凹凸状況をレーザ点の色合いで表わし、3D表示したもの。道路起伏やわだち等の凹凸を色合いで把握できます。

previous arrow
next arrow
Slider

展示会のお知らせ

インフラメンテナンス国民会議
近畿本部フォーラム2019
花博記念公園鶴見緑地
2019/5/30 – 5/31
測量の日記念フェア2019
大阪合同庁舎第4号館 2階
2019/6/3
以下は展示会で発表資料です。クリックで拡大、右クリックでダウンロードできます。
セプト・ソイ

ご挨拶

 先端計測技術によって社会インフラ整備とその維持管理への貢献を目指して

iシステムリサーチ株式会社は、先端の計測技術を活用し、また新しい技術を開発し、社会インフラの整備や維持管理への社会的な貢献を目指して2013年(平成25年)に設立しました。企業規模は、まだ小さいですが、有する技術と発想、人材は傑出しており、設立の使命を果たすべく努力を続けています。

設立当初は、三菱電機㈱にて開発された、きわめて高精度のGPS機能と高密度レーザ計測システムを組み合わせたモービルマッピングシステム(MMS)の取得データの解析を主な業務として取り組んで来ました。
その後、解析だけでなく計測システムの開発にも取り組んでいます。

移動体計測は機能や解析方法の改良で様々な可視化を可能にします。トンネルの内空変位や道路舗装面の精細な凹凸検出、鉄道では建築限界、線路の歪みなど、さまざまな応用計測につながる解析手法を開発しています。
多くの日本の道路やトンネル等の社会インフラは老齢期に達し、不具合によって各地で事故の発生が報道され、そのような事故も年々増える傾向にあります。限りある予算の中で、最新計測システムを活用することによって、効率的に(時間的にも費用的にも)不具合箇所を早期に発見して、事故の発生を未然に防ぎ、効果的で時宜を得た対策や改修等が可能になってきます。
取得されたデータの解析や評価・診断には、計測データの質的向上に加え解析技術の高度化も重要になってきます。これらの技術の発展によって、より正確により適切に不具合箇所を検出することができます。われわれはこのような技術をより発展させることで、事故を防ぎ、社会に貢献することを目指しています。

近年流行りのドローンでは、精密写真計測およびレーザ計測の精度向上をきわめています。地上精度で2㎜~5㎜を達成すべく技術開発を行っています。また、運用を容易にするために、精密自律飛行ドローンを開発し、安定した計測を実現しています。
また、リアルタイムデータを安定して送ることは斜面等の計測においてもきわめて重要です。これら位置情報を正確に取得するGNSSや計測システムの開発にも取り組んでいます。

つねに社会の一歩先のニーズを見つめ、新たな社会への貢献のあり方を求め、たゆまぬ努力を続けて参ります。皆様のご指導ご支援とご高配を賜りますようお願い申し上げます。

iシステムリサーチ株式会社

代表取締役社長 西 川 啓 一